お仕事

人の心をぐっと掴むハイセンスな”エロデューサー”、佐伯ポインティさん

【お名前】

エロデューサー、佐伯ポインティさん
肩書き:株式会社ポインティCEO(チーフ・エロデュース・オフィサー)

【見つけた経緯】

彼を知ったのはtwitterでよくバズっている。
「猥談バー」事業からです。

【すごい!と思った点】

・言葉選びのセンスの秀逸さ

そもそも、かねてより「エロデューサー」という言葉を思いついたクリエイティビティに脱帽してました。いや、エロデューサーって、え!すご…って思いました。

COOのお名前も「ヒュジワラ彰吾」さん

正直「採用情報はこちら」という言葉を見たときに
私でさえ、「面白そうセンサー」がピコーンと鳴りまして、ぐっときて、ぐっとこらえました。(私には別の使命が・・・)

あとWEBとかクリエイションが可愛くて、
こういうのダイスキです。

Webサイトでは早速

こういう素敵な感じから始まり、

株式会社ポインティは、ポップかつエレガントに、
性愛をも~っと面白くするエンターテインメント企業です。

と、こんなことを大々的に言ってるポインティさんなのですが
超敏腕⭐️ハイセンス起業家さんです。

・時代を掴むセンス

何より人を巻き込む力が半端じゃないんです。

私を最初にぐっと惹きつけた「猥談バー」事業。
簡単いうと、エロい話ができる会員制の場所です。

会員権を年間10000円で買わないと入れないのですが、
これがまた・・・満員御礼なんです。

 

「かわいみピンク」
「あげみシャンパンゴールド」
「ヤバみプラチナマグナム」

・・・なるほど。

ともかくこれは
バーに集客もできて、
ファンも作れて、コミュニティも作れるという

素晴らしい集客モデルです。

そう、変態さんは変態な場所を用意すれば
勝手に遊ぶんです!!!
(私の変態起業家もよく熱弁しています。)

かなりグッドマッチですね。

ツイッターの賑わい方もよろしくて、
なんかとにかくグッジョブ!世の中を楽しくしてくれてありがとう!と、思いました。

こちら店舗は東京に3箇所あります。(テンポ・・・テンポがですね)

・時代も先取り!文化を作る

そして2019年6月にローンチされた
新しい事業がこちら・・・

なりきりデート

↑↑詳しくはwebで見てみてください。
簡単にいうと、「デートの脚本配信サービス」です。

これが、ニッチで面白い。そして本気。
この本気で遊ぶ感じが大事だよねぇと思いました。
ポインティさん、本当に面白いデス。

もちろん私も早速LINE@で登録しました。

【コメント】

デートサービス、使ってみたらレポしますね♫
とはいえ、このような「妄想サービス」というのが出てくるこの日本の文化性の高さ。
日本って面白いなとおもいました。

超フェティッシュカルチャーな気がします。

とはいえポインティさんは本当 文章が面白いので
「受ける人にはドツボに受ける」という
まさに濃厚キャラの持ち主です。

賛否両論ありますが、とにかく面白い人。
個性の活かし方ってこんな形もあるよなぁと学びました。

どうぞご参考に♫

(写真などは下記のリンクよりお借りしております)