#4.「 当たり前の仕事を自分しかできない仕事まで昇華する」ウェブ・ディレクター(井上さん)

これはいいウェブサイトだな。

と思ったウェブサイトを見つけて
知れば知るほど
「このディレクターさんが、素晴らしいのだな・・・」

そう思ったので、

制作会社に足を運び、ディレクターさんに人に会いに行くまでの話である。

てくてく。

事務所についた。

いい人オーラ満載のスーツを来た男性がコンビニの袋を持って席に着く。

「こんにちは、」

コーヒーを買ってきてくれていた。

この、いい人オーラ。

っっパネエっす。

お話を伺ってきました。

3月11日、僕は死ぬかと思った

 

井上さんは東京の某食品メーカーでマネージャーをしていました。

転機は2011年3月11日、

あの日でした。

井上さんは高速道路に乗っていました。

ハンドルを握る手は感覚がなく

冷や汗で頭は真っ白でした

目の前では学生の頃にテレビで見た阪神大震災の高速道路がうねった映像が繰り返し流れていました。

3分ほどで揺れは収まりました。

再び車を走らせます。

頭がだんだんと現実に戻ってくるのを感じました。

随分と長く違う世界にいたような気持ちになりました。

高速道路から降りた瞬間、

彼の心は、今までとは違うゴールに走りはじめました。

食品メーカーから転身

家に戻ってから、

家族の顔を見て、

井上さんは仕事を辞めることを決意しました。
元々は大手食品メーカーのマネージャーをしていました。
会社でプロデュースしていたプロダクトがいくつも全国に並びました。
その一つが私に今回は買ってきてくれたコーヒーでした。

仕事にはやりがいがありました。

大きな予算を動かして、自分のかかわった製品が店頭に並び、多くの人の元に届く喜びもありました。

けれども、

彼は

「じぶんが本当にしたいことをしよう」

と決意したのです。

思いを伝える仕事をしたい

もともとコーチングを勉強していた彼は常に自分に尋ねていました。

「自分はどうしたい?」

常に自問自答していました。
会社を辞めてから、
お嫁さんの実家のある九州に来ました。
ニュースでは震災の話題が続く中

心は、まだそわそわしていました。
会社を辞めて数ヶ月

ずっと、自分に問い続けました。

ソファーの上で舞い降りたひらめき

ひらめきは

リビングルームでふと訪れました。

「作り手の想いを伝える仕事がしたい」
それから、ご縁があってある会社の社長さんに会うことになりました。
その社長さんの社員やお客さんに素直に、正直に分け隔てなく、
まっすぐ接する姿に感動を覚えました。
それから会社に入りました。

井上スタイルの働き方

井上さんは”フリーランスのように働く社員”です。

ウェブサイトを売るなら自分で作って、運営しないでどうする!

その思いで、

社長と取締役に相談しました。
快諾を受け、作ったのがこちらです。

✳️ホームページリンク

仕事をする上での自分の思いや、信念を綴りました。

井上さんのホームページを見てお仕事を依頼してもらうこともあります。

その場合も、会社に報告して会社を通して行うそうです。
「僕は会社に居させてもらってますから」

会社というチームワークの中でノウハウを学びつつ、

自分で売り上げを立て着々と実績をつけてゆきました。

私が感動したのはこちらのホームページです。
どすいかのホームページ

 

どすいかの魅力がしっかり詰まったウェブサイトです。

実は九州から遠く離れた場所からのオーダーでした。

なんと井上さんが前に作った玉名牧場のホームページを見て、

こんなウェブサイトを作りたい!!と
九州の会社に東北から依頼が来たそうです。制作期間は5ヶ月以上です。

 

「五年以上は使うものですから」

と言う井上さん。何度も打ち合わせを繰り返します。
距離がある場合はスカイプで通話

それから直接、足を運んでカメラマンと撮影にいきます。。
一つのウェブサイトを作るためのコンテンツを一歩一歩、練ってゆきます。
井上さんはwebのプロデューサーです。

外にいるPR部隊の団長なのです。

コーチングを生かしたヒアリング

井上さんの話し方は

コーチングの講師にも似ています。

ゆっくり、どっしり、受け止めるような

そんな空気を持っているのです。
相手をあせらせず

どんな相手でも心を開いてしまうような

雰囲気を持っています。

きっとこれはコーチングを真剣に学んでおられたからだと思います。

「相手が核を掴むまで、ヒアリングします。」
この言葉を聞いた時に、

井上さんは、

ウェブプロデューサー以上のことをしている…

と、感じました。

学びを組み合わせて、唯一の仕事にする

コーチングだけでは食べていけない人

ウェブプロデューサーだけではやっていけない人

そんな人たちをたくさん見て来ました。

皆さんいい人です。

一生懸命です。

でも、

一生懸命さと、お金はまた別物です。
自分の得意なことを組み合わせて

唯一無二のものに昇華することで

価値はぐっと上がります。

そしてセールスポイントが明確になります。

いやはや。素晴らしい!

井上さんと話したい

実は今、私は井上さんのコーチングを受けています。

プロのクラスを取って、もっともっと磨きをかけたいんだとおっしゃっていました。

もし私も!という方がいらっしゃいましたら私にメールをください。

お繋げします。^^

 

それでは!皆様、本日も良い1日をお送りください。

ハーイ!ゆんぽこのお仕事です

私のミッションは好きな仕事でお金を稼ぐ人を増やして
社会のHappyを連鎖することです!
自分が好きなことをもっと、もっとやりましょう。
人生たった一度、落ち込んでる暇はない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です