ポジティブワーク

「やりたいことがない」人が幸せになるためにやるべきこと〜夢組と叶え組の話〜

POSITIVE WORK THEME

がんばらない・ゆるめる

※過去に書いた記事なのですが非表示にしていた内容で再度投稿。

クッキー屋、桜木直子さんの「セブンルール」がとっても面白かった♬
今回ご紹介するのはシングルマザーのクッキー屋さん桜林直子さんです。

桜林直子さんは「SAC about cookies」のオーナーです。
2011年から独立してクッキー屋さんになっています。

今回、私が伝えたいこと・・・それは

やりたいことがないけど、
それでイイ!!!!ってことです。

「すごいなこの人…」と思ったのは彼女のこの発言。
でもそこにハッ!とさせられたのでした。

 

「熱中なんていらない」

テレビをカメラで撮ったものがこちら、↓↓↓↓
ちょっと読みにくいかもしれませんが是非!

 

そう、でもそれでいいんですよ。

彼女の価値はビジネスの成功じゃない。
大事なのはその先なんです。

 

10歩先の夢のために今のクッキー屋さんがある。

クッキー屋さんは”手段”なんです。

 

 

通常、”お金を稼ぎたい”と言ってお金に集中してします。

でも、大切なのはそこじゃなくて
その先!なんですね。(よくコーチングとかで言われますね)

 

 

彼女が大切にしているのは娘さんの将来であり生活。

本当に彼女が叶えたいのは娘さんのために
下の7番の「人の半分の時間で倍稼ぐ」ことなのです。

その手段のためのクッキーのお店なのです。

【桜林直子さんの「セブンルール」】

1.「美味しい」だけでなく「モテる」クッキーを作る
2.スタッフに夢組と叶え組を組み合わせる
3.娘のお弁当を作り続けるためにSNSにアップする
4.考えるために歩く
5.不機嫌禁止
6.娘に母のせいとは言わせない
7.人の半分の時間で倍稼ぐ

 

中学三年生でプロのイラストレーターの「あーちゃん」

 

ちなみに彼女はクッキーを自分では作りません。

クッキーは、クッキーを作るのが好きな人が作ればいいんですよ!

とのこと。これにグッときました。

彼女の発言の中に、夢組と叶え組が出てきます。
これは桜林さんがオリジナルで作った造語です。

めちゃくちゃグッドワードなんです。

夢組とはやりたいことがある人

夢組と叶え組で分けるのは面白い発想です。
そして確かに、これは間違いない!!(≧∇≦)b

 

クッキーを作るのは、クッキー作りが好きな人がやればいいんです。

きちんとまとめるのが好きな人はその管理をすればいい、

デザインが好きな人はひたすらデザインをすればいいです。

手伝うのが好きな人は、それを手伝うという役割があります。

 

 

だって、

みんながみんな「これ!」ってやりたいことがあるわけじゃないんです。
誰かの手伝いをすることが幸せっていう人もいるんです、
例えば学生時代にマネージャーだった人ってその気持ちわかりますよね?

 

やりたいことを仕事にするって一番効率的に思えませんか?
自分の特性を生かして働くってこういうことだと思います。

 

ちなみに社長というのは
プロデューサーであり、取りまとめて責任を負うキャプテンなのです。
それはリスクも高いし、責任も負うのです。親方みたいなもの⭐️
これも、なりたい人がなればいい♬

自分のココロに正直になる!

人は誰だってスキな仕事ができます!!

夢がないなら、夢がある人と組んで、“叶えちゃん”になってください!

絶対にワクワクする日々が待っているはずです♪

 

自分の性質を理解して、
「楽しい」という気持ちを大事にしたいですね^^

 

「ほぼ日」用のクッキー!

 

 

テレビの中で「経営がうまいんですね〜」とコメントされてたけどそうじゃない。

経営なんてのは学んでいくもので、最初からうまいなんてのは嘘です。

 

誰もが、全てが、トライアンドエラーです。

開業は2011年。

6年もやってれば立派な社長のマインドになります!

継続は力なり!

 

ちなみにお店はここだよ〜
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】日曜日、第2・第3月曜日
【住所】渋谷区富ケ谷2‐17‐12
【電話】03‐6804‐7924
【WEB】 http://sheage.jp

桜林直子さんに関する他記事の紹介

 

 

前向きに生きて、日々ハッピーを感じるための下ごしらえ
ポジティブワーク