フランス

ブールデル美術館でBack Side / Dos à la modeというドレスの企画展みてきたよー

ブールデル美術館に行ってきたよ。
お目当ては、” Back Side / Dos à la mode “というドレスの企画展。
おしゃれだったよー。

ブルーデルさんはロダンのお弟子さん。
ギリシャの詩人をテーマにたくさん作品を作ったらしいよ。

でかい。アルゼンチンの街中にあったものを持ってきたらしい。
いやー。素晴らしい馬の表現。

全ての彫刻が結構大きいので、
GANTZで主人公がオニ星人たちと戦うシーンを思い出して
微妙な気持ちになったよ。。。(漫画ネタ)
桜井さんがそこで無くなったのでめちゃショックだった思い出がある。イメージはこれ

1階はこんな感じ

ジバンシーのドレス。綺麗。このグラデーション最高〜〜

子供ちゃん達が学んでいます。いいなぁ、小さい頃に私もこんなふうに学びたかった。

 

はい、2階に行くとお庭が観れます。

わぁ、素敵だわ。

お花と緑の匂いがします、幸せ〜

よく、笑った顔が目が細すぎると言われるのですが、
ま、しょうがない。(でもさ、全人類共通だよね?)

でも、ジャパニーズフェイスな感じでいいと思う。

裏庭がこちら。いたるところに彫刻があるよ。

ま、そりゃ彫刻家の美術館だからね。

いやー いいですね。素敵な色合いの空間。

これが気に入りました。
この人っぽさが素敵。

彫刻って、左右非対称につくりがちなんですが、
左右非対称に作らないのって、なんか生々しくていっぱい観ちゃいました。

 

 

映像作品で、いかにして銅像を作るか?みたいなのがあってて
面白かった。めちゃくちゃ大変そうだった。

 

企画展は地下にありました。
ここでチケットをチェックしてくれます。

始まりはヨウジヤマモトさんのドレス

ヨウジヤマモトとバレンシアガは従来の服の概念を覆した人、として
イノベーティブなデザイナーとして捉えられているらしい。

ちなみに今回、ここでは日本人とはすれ違わなかったよ。

ヨウジヤマモトさんの作品↑↑↑↑

この首のあたりがきちっとしてる感じ、大好き。
セクシーだよね。

 

他、ファッションの後ろ姿の美に着目したものがズラリ。
ファッションショーってさ、ランウェイで基本的にはおもてを見るでしょ?

だから、あえて後ろにも着目しましたー!みたいな企画♫

可愛いー

羽っていうモチーフね。

という感じでした♫
この企画は11月の初めまでやってるかな、

ブルーデル美術館は結構地味なところにあるんだけど
めちゃくちゃ素敵なので是非訪れてほしい。
企画展に入らなければ無料です^^

Musée Bourdelle
ブールデル美術館 <15区>
開場時間:10時〜18時
おやすみ:日、月、祝
料金:企画展に入らなければ無料
今回の企画展は10ユーロだったよ
www.bourdelle.paris.fr 

 

前向きに生きて、日々ハッピーを感じるための下ごしらえ
ポジティブワーク