習慣から冷え性を改善すると、便秘も解消、肌もキレイになる!!!

これを読んでいるあなた・・・もしや普段から平熱が低いんじゃないでしょうか?

「低体温」という言葉にあなたはピンときませんか?

平熱を測ってみると、36度以下という「低体温」の人が今、増えているようです。たった1度の違いじゃない・・・と思いがちですが、平均体温が1度下がると基礎代謝は約10〜12%程低下し、消費カロリーは100kcal以上も減少すると言われているのです。基礎代謝が低下することで、エネルギーを消費しにくくなっているのです。

基礎代謝カロリーが下がると脂肪を燃焼しにくいので、いくら運動しても痩せない・・・食べなくても痩せない・・・という悲しい事態になります。

イメージしてみてください。ヘルシー美女の代表とも言える道端ジェシカさん・・・
みたところ、低体温とかじゃなさそうですよね。
あなたはどうでしょう?
よく手足が冷たくなったりしていませんか?

https://www.flickr.com/photos/jasonp80/5688520768/

https://www.flickr.com/photos/jasonp80/5688520768/

体質改善で痩せやすい体になる

体温がたった1℃下がるだけでそれだけで、痩せやすい体になれるのです!
目指せ、スリムなポカポカ女子!!
ここでもう一度念を押しておきます。

・肩こりがひどい
・便秘がち
・生理痛が重い
・よく頭が痛かったり、たまにめまいがする

心当たり、ないですか?
当てはまるのではないでしょうか?

これも、冷えのせいなのです。

https://www.flickr.com/photos/carmenjost/14312545220/

https://www.flickr.com/photos/carmenjost/14312545220/

低体温の最も大きな原因って何?

そもそも手足の冷えや、低体温の最も大きな原因はなんでしょう?

・筋肉量の低下により、体温と基礎代謝量が下がること
・アルコールの過剰摂取
・ストレス
・冷暖房
・運動不足
・加齢

この中でも、最も大きな原因とされているのが「筋肉量の低下」なのです。

https://www.flickr.com/photos/thomashawk/

https://www.flickr.com/photos/thomashawk/

食べても太らない体

だからこそ、「ジムに行き始めてから体調が良くなった〜♪」という方がいますが、これは理にかなっているのです。まさしく、筋肉量がUPしたということなのです。鍛えれば鍛えるほど基礎代謝量は上がり、食べても太らない体になっていきます。

逆に、

筋肉量が少なくなると、体温も下がり、基礎代謝量も下がる・・・
おまけに太りやすくなり、体調も悪い。
そんなの、ハッピーじゃないですよね??

平均体温が1度下がると免疫が30%以上低下!?

 

体温が1度低下して免疫が低下すると・・・
・疲れやすくなる。
・病気にかかりやすくなる。
・血行不良で、いろいろと体に良くないことが起こる。

血行不良は万病の元です。特に女性は、卵胞刺激ホルモンが分泌しづらくなり、生理不順、卵巣機能低下、多嚢胞性卵巣などの排卵障害を引き起こす可能性があります。しかも子宮や卵巣など生殖機能のある下半身は特に冷えやすく、体温が下がると卵管も収縮させてしまい、不妊症の原因にも繋がると言われています。

女性ホルモンにも影響をあたえると、肌や髪、など、私たちがたくさんお金をかけてケアしているところもガタガタになってしまうのです。

さぁこれからは冷えに気をつけて、ナチュラル美人になりましょう!
軽くアーユルヴェーダの話をしますね。


アーユルヴェーダ的に見た「冷え」の原因とは?

インドの伝統医学アーユルヴェーダにおいて”冷え”は、風の質「ヴァータ」と水の質「カパ」のバランスの乱れが引き起こす症状だと考えられるそうです。

まずはその①!
①. 風の質「ヴァータ」のバランスの乱れ

*【ストレスを溜め込み、緊張状態にある。自律神経が乱れる。】

特にヴァータタイプの冷えの特徴は、手足の冷えなどの症状がみられます。忙しかったり、キャリアウーマンタイプ、部下がたくさにて責任感が大きい人に多いです。

そしてこんな症状がみられる人は要注意

・便秘がち / 硬くて乾燥した便が出る
・下半身の冷えている感じがする
・頭痛がある
・首や肩のこりがひどい、痛みがある。
・呼吸が浅い/呼吸をしていないような感覚がある

また、職場やプライベートでの人間関係が複雑。またはストレスが強く責任のある仕事、忙しくハード仕事など、そういった環境にある場合は日々の生活の中での緊張した状態が抜け切れず、精神的なストレスにより常に緊張状態にあるので、きちんと深い睡眠が取れない傾向にあります。

足先だけが寒いという症状に悩んでいる方は多くの場合で「質の良い睡眠が取れていない」または「寝不足」の方が多く、気を張っていたり長く神経を使っていることが原因だったりするのです。

大切なのは、質の良い睡眠をとること!

アーユルヴェーダでいう質のよい睡眠とは、いつもよりも早くベッドに入って“早寝”することです。
特に夏場は眠れない日が続いたりします。それが夏バテの原因にもなります。きちんとお風呂に浸かって、体の筋肉を休め、ほぐしてからベッドに入りましょう。

https://www.flickr.com/photos/emmanueldufourq/11186982024/

https://www.flickr.com/photos/emmanueldufourq/11186982024/

風の質「ヴァータ」のバランスを戻すために、「いい睡眠!」です!



その②
②. 水の質「 カパ 」のバランスの乱れ

夏になるとどうしてもかき氷やアイスをたくさん食べてしまう傾向にあります。甘い物・炭水化物・肉食・乳製品・油物などをたくさん食べたり、ダラダラとすごしているとカパのバランスを崩してしまいます。

食べたものが十分に消化が出来ないので、身体の中に未消化物・毒素(アーマ)が溜まるので、身体が重くダルく感じることにつながるのです。

11186982024_33549bef2f_z

https://www.flickr.com/photos/emmanueldufourq/11186982024/

カバのバランスとは「消化力」の乱れです。

特に暖かい季節に起こりやすいです。端的に言えば「夏バテ」です。気だるい感買うですね。

活動的な気持ちになってうっかり食べ過ぎたり、油物を取りすぎる、一方で冷たい物をたくさん食べたり、夜遅くの食事をすることによって消化力が落ちることが原因で冷えを引き起こす事もあります。

消化力に効くのは、「コリアンダー」です。
フェンネルというスパイスもまた体を冷やす役割があるのですが、コリアンダーが一般的でお手軽に摂取できます。

コリアンダーについての記事 はこちら。
blog_CCGAZOU-1


 

冷えを改善し、体温を1度UPさせる!アーユルヴェーダ的ケア5つ

1、生サラダよりは温野菜を!温かいものを食べる。

例えば夏であれば、どうしても冷たいものを摂りがち。しかし、ここは体を気遣って意識的に食生活の中に温かい食べ物や飲み物を取り入れることを心がけるようにしましょう!!風の質「ヴァータ」を増やすような冷たい飲み物は控えて、野菜も生のサラダとしてドレッシングで食べるよりも、野菜炒めや温野菜にして食べると体にとってもいいです。

消化の負担になるような飲食物は避けて、体を温めるショウガやコショウ、ニンニク、トウガラシなども積極的に摂るようにすることも健康的な生活に結びつくはずです。
blog_CCGAZOU-3

2、外部からも体を”じんわり”芯から温める!

シャワーで済ませてしまいがちな夏ですが、ぬるめのお湯でじんわりと半身浴で体を温めることが大事!
肩まで浸からずに程よい温度での半身浴や、足湯などで体を温めることが大切です!
熱過ぎる温度のお風呂に短時間浸かるよりも、38℃〜40℃前後のお湯に20分以上浸かり、ゆっくり身体を芯から温めてジンワリ汗を出すことが体にとってもいいです。こうした、お風呂の入り方のポイントを少し抑えるだけで、代謝が良くなり毒素が毛穴から排出されお肌はぷるぷるに!


《☆冷え改善!不思議!オススメの足湯の温冷法☆》

https://www.flickr.com/photos/427/6311097220/in/photolist-aBG2k3-4CqK1y-aDrSmg-aDrULM-aDrUaR-aDrUrT-aDvJcJ-aDrRYg-bto9Gz-btnSSP-btnY14-btnXKr-aDrUP8-aDrTUk-aDvKa7-eKypkD-aDvLQh-83Qch9-aDvLUd-aDvJJ5-aDrTYv-aDrTWn-aDvMad-aDrSvx-aDrT36-aDrRBv-aDvJgA-aDrSAZ-btnXbn-aDvLfW-aDvKXf-aDvLj9-4Dd6AB-aDvJYb-btoctK-aDvHZw-aDrVMt-aDrSxe-8ULEed-aDrST8-btnV92-aDvHzE-aDvJsh-bto8Ra-aDrVT4-aDrThT-cTv4qS-eG5xz1-9xt4pZ-bcjqUa

https://www.flickr.com/photos/iamjanosik/16267441122/

実はすりおろした生姜をお湯の中に入れるだけでも大きな違いが得られるんです。植物って不思議ですよね。私の家でも冬の足湯にはすりおろした生姜を入れています。すぐに痛いくらいにポカポカになっちゃう優れものなのです。夏は洗面器で応用してくださいね^^

1、洗面器にお湯を入れてすりおろしたショウガを適量入れる
2、くるぶしまで足を入れて3分間浸かる
3、次に水の入った洗面器に足をつける

1〜3を何度か続けて自律神経に刺激を与えると冷え性の改善に役立ちます。

3、しっかりと排尿する!

冷え性の人はあまり排尿をしないということも言われているそうです!缶ジュースなどの清涼飲料水やコーヒーなどは量を控えて、お白湯や常温(冷えていない)ミネラルウォータを頻繁に飲むようにおすすめします。

なかなか尿が出ないと思う人は、「クミンティー」をおすすめします。

https://www.flickr.com/photos/shandilee/4800438606/

https://www.flickr.com/photos/shandilee/4800438606/

【クミンティー】
紅茶を飲むときに、クミンシードを小さじ1杯入れてゆっくり飲む。

私はいつも白湯を飲んでいたけど、ひどく疲れているときには効果が感じられませんでした。そしてクミンティーを試してみたら、一気に解消しました。驚くほど効果があります。めちゃくちゃ簡単なので、どうぞお試しあれ!

注意して欲しいのは「緑茶」です。

お茶はビタミン、ミネラルが入っているので、健康によいとされている考え方もありますが、お茶の持つ“渋味”の性質から、体を冷やす飲み物とされているので、冷え性で悩んでいる人は飲み過ぎないように気をつけましょう。麦茶もですね!夏のほてって仕方がないときには緑茶や麦茶が効果があります^^*

4、規則正しい生活と、適度に運動をすること!

体バランスを整える、規則正しい生活をする。無理はせずに、体を休めながら生活することを心がけてください。体は壊してしまうと悪循環が始まります。

定期的にヨガやウォーキング、軽いジョギング、お散歩など、身体に負担にならない程度の運動をしましょう。じんわり汗をかく程度の運動が体にいいです。「血行が良くなってるな、血が巡ってるな」と意識できるような軽いエクササイズや運動をおすすめします。何よりも、楽しんで^^!

5、オイルマッサージをする

自分で出来る範囲でセルフマッサージをしましょう。あぐらをかいて足の裏をポンポンと叩いたり、足の指を動かしたり、手のひらと足の裏のオイルマッサージをすること。そんな簡単なことでいいのです。

https://www.flickr.com/photos/iamjanosik/16267441122/

https://www.flickr.com/photos/iamjanosik/16267441122/

手足に「ありがとう」と感謝するように、ご自身をいたわってあげてください。
軽いヨガでしたら私もご紹介できますので、そのうち動画をアップするかもしれません。

blog_CCGAZOU-10

ヨガは体にとてもいいので私も大変気に入っています。体を伸ばすことで、血液循環が良くなり、全身の代謝を促され、冷えやむくみが緩和されますし、ストレスを癒しリラックスできるため運動後は深い睡眠が得られます。呼吸も整うので、バランスが良くなるのですね。

【まとめ】

・良く眠れるような生活を心がけて
・甘いもの、冷たいもの摂り過ぎに注意

 

自分、疲れてるな・・・と思ったらバカ食いして、仕事を頑張る必要はありません。
むしろ自分をいたわっていつもよりも3時間ほど早めにお布団に入って「ぐっすり」眠ってください。

冷えを改善すると、むくみの改善、ダイエットや美肌、健康など、身体にとってとても良いことがたくさんあります。自分の体とは長く付き合っていかなくてはなりません。

少しずつ、一歩ずつ調整しながら長く健康ですごしましょう。
特に女性は婦人科系の病気にならないためにも、頑張りすぎず、ポカポカでハッピーな自分でいることを心がけてください。

5685068528_3318e14f5f_z

https://www.flickr.com/photos/white_ribbons/5685068528/

*ワンポイント*

・「コリアンダーティー」・・・解毒、消化器系のバランスを整える
・「クミンティー」・・・利尿作用、むくみの解消


ー関連ー

習慣から冷え性を改善すると、便秘も解消、肌もキレイになる!!!

女性なら絶対知っておくべき、コリアンダーの効果

女性なら絶対知っておくべき、クミンの効果

美味しい手作りチャイのレシピ!

デトックスと、スパイスとアーユルヴェータの関係
簡単!自家製レモネード・レモンシロップの作り方(*はちみつなし)