こだわりを生きる

「ジョハリの窓」について考える

ジョハリの窓ってそもそも何か?

ジョハリってなんだ?と思ったのですが、これは考案者の二人の名前をくっつけたものらしい。かわいい。「ジョハリの窓とは、円滑なコミュニケーションを進めるために考案されたコミュニケーション分析のモデルのこと」なのだそう。1955年にアメリカ・サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが考案したジョハリの窓。今日はこれについて考察してました。1955年ってすごい昔なんだなぁ。

ジョハリの窓は、自分自身に関して、横軸に自分が知っていることと、知らないこと、縦軸に相手が知っていることと、知らないことをとり、それぞれの交点にある状態を考察します。面白いのは「未知の窓」を浮き彫りにできるこの方法論かなと思います。

ジョハリの窓(コミュニケーション分析)

ジョハリの窓ではそれぞれの交点の状態を以下の4つの窓で表します。

開放の窓:自分は知っていて、他者も知っている
秘密の窓:自分は知っていて、他者は知らない
盲点の窓:自分は知らなくて、他者は知っている
未知の窓:自分は知らなくて、他者も知らない

これをすると、個人が自分自身と他人にどのように認識されているかをよりよく理解するのに役立ちます。長所、改善すべき領域や自分が見えてない部分、そして知覚の違いを発見できます。

自己認識と自己確信の命運を分ける「ジョハリの窓」

なるほど面白いと思ったのは、開放の窓、秘密の窓が大きい人は自己認識が深く自己確信が深いということです。やっぱり自分を掘り下げて表現するってすごく大事ですよね。

また、これが逆に右側の盲点と、未知の窓が多い場合はどうなるか?というと、自己認識が浅く、自己確信が低いということになるわけです。これは面白いなと思いました。

通常、ジョハリの窓はグループや社会の中で自分はどのように認識されているかを炙り出すものなので、コミュニケーションや360度フィードバック評価に使われるようで、つまりはやっぱり人間関係に用いられるものです。ジョハリの窓を資質分析に応用している会社さんのものがあります。

ジョハリの窓 × 資質分析

それがこちらのサイトです。ジョハリの窓Webアプリってのもあるので興味がある人は、仲がいい人や会社のメンバーでこれやると面白いかもです。

ジョハリの窓 資質分析版https://potect-a.com/utilization/johari_window/

また、ビジネスの例に置き換えて応用されたものが2014年に描かれていて面白いです。

「ジョハリの窓」を、企業と消費者の関係に置き換えたもの

これを見た時に、なるほど、応用すると面白いものが見えると思いました。私は自己認識と自己開発が好きなので一番興味があるのは上記で言うところの右下の「未知の窓」なのですが、これは新規のビジネス開拓にも使えるというわけです。

もう「顧客に聞いたニーズ」では儲からない 顧客を巻き込んだ「共創」だからこそ見えてくる未知の領域
トライバルメディアハウス 池田紀行氏 URL

私の活用方法

私はジョハリの窓を「ビジネスにおける自分の自己分析」として使いたいと思っています。私は[開放の窓]も[秘密の窓]も既に開示しまくっているのでかなり大きいと思います。

興味があるのは[未知の窓]ですね。[盲目の窓]はビジネスの仲間やメンバーから、何度か周りからフィードバックをもらっているのでそれを書き込みたいなと思っています。

以上、ジョハリの窓でした。